読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留年ナビ

安心してください。留年しても留年ナビがあります。

MENU

【内定が決まり勝ち誇ってる大学4年生へ】2017年4月に新卒でロケットダッシュを決める唯一の方法はこれだ!

留年と就活 留年読書のすゝめ 留年して最強になるために

 

みんな留年してるかーーーーー?

この記事を見てるってことは、内定が決まったんですね!おめでとうございます!

大学の授業もそんなに残ってないし、あとは適当に卒論を書いて、友達と卒業旅行の予定を立てて、とっても楽しい毎日ですよね。いいんです、いいんですよ、頑張った結果ですからね。

私もこの最高なニート生活から中々抜け出せません。だれかこの堕落した毎日から救ってください。。。

ほんとは一日中ダラダラして、Amazonビデオでずっと海外ドラマの『SUITS』を見ていたいです。孤独のグルメも面白い。深夜食堂に限っては見終わってしまいました。

 そんな事も言ってられないので、そろそろ来年4月に同僚を差し置いて一気にスタートダッシュ、いやロケットダッシュを決めるためにニート生活卒業します

そんな自分への戒めのために「イシューからはじめよ」をもう一回読み直してみました

 

イシューとはなんだ

みなさん、『issue』って単語ご存知ですよね?大学受験でもよく出てくる頻出単語

issue:イシュー

物事の論点・課題・問題点

つまり、「何を考え、何を論じるべきか」「蹴りをつけなくてはいけないけれど、白黒はっきりしていない問題のこと」「解決することに真に価値のあること」です。

 

なぜ、イシューから始めるのか

それは「根性に逃げないため」です。日本人は根性論が大好き。結果至上主義の欧米と違って、「徹夜してやってきました!」「もう3徹だよ!」と頑張ってるアピールが今でも横行してます。私も耳が痛いです、ついつい根性に逃げてしまいます。

そんな根性に逃げずに、真に価値のあることだけを優先して解決してく。そのための方法が「イシューから始める」です。 

「イシュー度」と「解の質」

仕事の結果は「イシュー度」と「解の質」に分解して考えることが出来ます。

「解の質」はどれだけ、答えが明確でぶれてないかの指標です

 

 

f:id:NaviRyunen:20160531125927p:plain

仕事の質が高い、アウトプットが大きいと一般的にいわれるものがマトリクスの右上Aにきます。

新卒で活躍したいなら、このAの部分を狙って狙って狙いまくるのが重要。イシュー度が高い=解決することに価値がある。かつ、解の質が高い=明確であること。が大切です

 

Why→What→How で考える

では、どうやってイシュー度の高い課題を見つけていくのか。その方法が「Why」

から始めることです。人はすぐに、手段に走りたくなります。何をやろう、どうやってやろう、いつやろう、どこでやろう。。。

でも本当に大切なことは、何をやるかじゃなくて、「なぜやるのか」の部分です。

 

みんな同じことを言っている

イシューからはじめよ。この本を始めて読んだ時、脳汁が出るかと思いました。自分が今まで悩んでた物事の考え方がパーーーーっと目の前に現れた感じ。よくある考え方のフレームワークとかあるけど、このイシューって考え方はそんな小手先のものとは全く違いました。

フレームワークが教科書なら、イシューからはじめよは聖書だと思います、間違いなく。

 

 

まとめ

長々と偉そうに色々書いてきましたが、全部受け売りです。すみません。正直、まだまだ全然イシュードリブンに生きられなてないトメ子ですが、留年したコンプレックスを少しでも解消するために、就活後も頑張っていきたいな思うわけです。

内定もらってウキウキしてる時期もそろそそ終わりにしなきゃなって人に是非参考にしてもらえたらな、と思います。

 以上!