読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留年ナビ

安心してください。留年しても留年ナビがあります。

MENU

【留年した人に読んで欲しい】最小の時間で成果を最大にする方法

留年読書のすゝめ 不安な時に読むやつ 留年して最強になるために

クラウドソーシング「ランサーズ」

みんな留年してるかーーーーー?

 

17卒の人は、そろそろ就活も佳境に入ってきましたね。18卒の人はサマーインターンのESラッシュの時期でしょうか。スタートダッシュが鍵なのでぜひ頑張ってください!

 

そんな忙しい時期にオススメの本を紹介したいと思います!粗末なことに惑わされず、本当に必要なことだけやって最高の成果を上げるための考え方がまとまっている本です!

『エッセンシャル思考』

勉強、バイト、サークル、友達、彼女、彼氏、家族、就活、インターン、留年などなど。私たちは日々様々な者・物・モノに囲まれて生きてきますが、本当に大切なことってほんの極わずかです。

本当は行きたくないも飲み会にいって、3000円払い、次の日は不覚にも二日酔い。そのまま学校にも行きたく無くなり結局サボってしまう。なんてことありませんか?私はよくありました。

 本来なら自分に部屋でゆっくり本でも読めば新しい考えが浮かんで、次の日からの行動か少しだけ変わったかもしれないのに。。。と後悔する毎日。結局は留年という結果が待っていました。

 こんな風に、私たちは常に選択を迫られて、トレードオフの環境下に置かれています。何かを選ぶということは、何かを捨てるということで、その重大さに気づいてない人が多すぎるのが現状。それを打開するための一冊がこの『エッセンシャル思考』です。

 

エッセンシャル思考とは

           f:id:NaviRyunen:20160615142949j:plain

 

エッセンシャル思考とは、本当に大事なことだけを選択して、粗末なモノにとらわれない考え方・生き方です。エッセンシャル思考でない人は、「やらなくては」「どれも大事」「全部できる」この3つのセリフにいつも捕らわれています。一方でエッセンシャル思考の人は「やると決める」「大事なモノは滅多にない」「何でもできるが、全部はやらない」と考えます。この考え方が、『最小の時間で、成果を最大にする方法』につながるのです。

 

かくゆうトメ子も、非エッセンシャル思考の塊のような人間でした。バックパッカーしてみたり、ヒッチハイクしてみたり、ゲストハウス作ってみたり、中米横断してみたり。やりたいことは何でもやってきたけど、結局その目的ってなんなんだっけ??と今考えても、よくわからない事がたくさんあります。

目の前の楽しそうな事や、楽な事、勧められた事に流されて、『本当に自分に今必要なこと』『一つしかできないとしたら、選ぶこと』『今、お金を払っても同じ経験がしたいか』という基準で考えたら、本当は必要なかったんじゃないかということばかりです。

 

ある種の努力は、他の努力よりも効果が大きい

    f:id:NaviRyunen:20160615143534j:plain

子供の頃、小遣い稼ぎのためにアルバイトをしたことがある。12歳の子供にできる仕事といえば、新聞配達くらいしかなかった。1日1時間ほど働けば、1ポンド手に入る。私は自分の体重細もありそうな袋を担ぎ、毎日1時間かけて家から家へと新聞を配って回った。

欲しいものがあると、「新聞配達何日分」という数字に置き換えるようになった。

そこで私は、頭を使った。どうすればもっと早くお金が溜まるだろうか。新聞配達の一時間があれば、車は3台洗える。料金は1台につき2ポンドだとして、1時間=
6ポンドだ。それに気づいた瞬間、私は人生の大きな教訓を得た。『ある種の努力は、他の努力よりも効果が大きい』

大学に入ってカスタマーサポートのバイトをした時も、「この仕事にとって一番価値のあることは何か?」と考えた。解約するはずの顧客を引きとめられれば、会社に貢献できるはずだ。どこで私は、解約を思いとどませることに集中した。結果私の成績は伸び、会社の終始も安定し、報酬が上がった。

努力は大切だ。だが、努力の量が成果に比例するとは限らない。がむしゃらに頑張るよりも「より少なく、しかしより良く」努力したほうがいい。

この筆者のエピソードを読んで、私の小さいころから身に染み付いていた、「頑張ってさえいれば結果はついて来る」という超超甘ちゃんな考えが、いかに糞かと思い知らされました。

「お金を稼ぐ」というシンプルな目標に対し道筋は無限にあり、その中で自分の労力をいかに小さく・成果を大きくするかを考えることが大切。またそれを実行するためには、会社や世の中にとって「今なにが一番価値のあることなのか」を考えることが一番の近道である。

大学生活や就活も同じだなと心底おもいます。1dayインターンとか何回か行きましたが、あれって本当に無価値だったなと今は思います。もちろん、場慣れという意味ではとてもいい練習にはなると思いますが、「その業界のことをしりたーい」なんて半端な気持ちで行くのは止めたほうが良いとおもいます。まじで

それなら、その業界関係の本を読んだほうが100倍価値があるのではないか!だって、新卒2,3年目の人事より、その業界に何十年もいて、体系化した情報源である本を書いてる人の意見のほうが面白いに決まってるじゃないですか!(1dayインターンに相当恨みがあるw)

それでも、行かなかった時に何を失うのか怖いという人は一回行ってみたらいいとおもいます。そのインターンにかけた移動時間・実質の参加時間・交通費をちゃんと計算して、そこまでの価値があったのかを『見える化』するのがオススメ!

 

上手な断り方を身につける

エッセンシャル思考を身につけるためには、断り上手になりましょう!モテる女は断るのも上手!っていいますもんね

この世のトラブルの半分は、イエスを言うことを焦りすぎ、ノーを言うのを渋りすぎることから来る。ーーーージョジュ・ビリングス

 日本人にありがちな「断るということは、その人本人を拒絶するということ」というのは実際はそうでもないみたいです。大抵のことは、誰に頼んでも一緒なので、頼んできた本人はそんなにダメージを負わないのが大抵だそう。随分気が楽になりますね。それでも、断りにくいのが人間というもの、、、そんな時は次のことを実践してみましょう!

・とりあえず黙る

相手が焦って話し始めたらこっちの勝ちです

・代替案を出す

自分のネックになっていることを開示して、おれならいいけど??って案を提示するのがいいそうですよ。トメ子もこれを実践して、最近大きな案件(月10万の記事)を受注しました。わーーーい!

・どの仕事をあと回しにするか?と聞く

これ、やられたら上司は一瞬ひるみますよねw 友達にやられたら、「こ、こいつできる」って思っちゃいます。

 

まとめ

エッセンシャル思考を体現するには、、、

①今、本当に必要なことを見極める

②一番効果の大きい努力をする(より少なく、より良く)

③上手な断り方を身につける

この3つが大切です!就活生の方は、ぜひぜひ実践して最小の努力で内定を勝ち取ってください!トメ子もエッセンシャル思考で、日々遊んで暮らせる人になりたいです

 

そうそう、エッセンシャル思考の極み!とも言える人がクビになった記事を見つけたのでこちらもどうぞっ!

 

以上!